すばらです!~咲‐saki‐応援ブログ~

咲‐saki‐応援ブログと題しまして、咲‐saki‐に関する色々な「すばらっ!」なことを紹介したりしていきますよ~

2012年12月

今日は年末今年最後のブログ更新ということですが、ネタがないので
この前暇つぶしにやった、
「咲-Saki-の名台詞を福本後で翻訳」
                した結果でも載せようと思います。

福本後翻訳
は、いろんな文章をアカギやカイジ風にすると、
akagi7


どうなるかがわかる翻訳機です。
例えば
翻訳前
「麻雀って・・・楽しいよね
 今日もいろんな人と打てて・・・
  ホントに楽しいよ・・・
   一緒に楽しもうよ!! 」    この咲さんのセリフを福本語LV3で翻訳すると・・・・ 
翻訳語
「 麻雀って ざわ・・・楽しいよね
 今日をがんばり始めた者にのみ…明日が来るんだよ…!もいろんな
 きさまらっ・・・・きさまらっ・・・・きさまらっ・・・!!と打てて ざわ・・・
 ホントに楽しいよ ざわ・・・
 一緒に楽しもうよ何故なんだっ…!(ざわ……ざわ………)」
                      
  と、どうしてこうなったって事になります。

それでは、翻訳していった結果を発表していきましょう。
続きを読む

書け麻のお題候補の一つ。
思いついたのでやってみます。そして申し訳ないのですが、
 阿知賀女子がインハイ前に戦った各県2位の詳細(場所的な意味で)は、
私の力では、まず無理なことが判明いたしました。
なのでこれを見ている地理や地図に詳しいブロガーさん!(いるのかなぁ?)
ぜひ、興味がある方私のかわりにやってみてください。

さて本題のハギヨシさんの身体能力についてですが、
ハギヨシ画像01
ハギヨシさんの技、素敵滅法ですが私がわかるもので
・瞬間移動
・高速ぬいぐるみ補修
・高速で料理を作る(あったかはうろおぼえです)
などがある(須賀君いわくなんでもできる)のですが、
いろいろ比べるため比較対象を持ってこようと思います。
そこで、ハギヨシさんと同じく超人執事として名をはせる、染谷まk綾崎ハヤテくんと比べてみます。

分からない人用50秒でわかる綾崎ハヤテ(咲-Saki-ファンはだいたい知ってると思いますが)
img_393654_32115269_0
・漫画「ハヤテのごとく!」主人公
・およそ1億5000万の借金持ちの執事
・自転車で、爆走する車や電車に追いつける(追い越せる) 
・料理 ・裁縫・掃除などなんでもプロクラスの技能
・車に轢かれても死なない 、喧嘩もめっぽう強い
・麻雀も強いらしい(雀荘の台打ちレベル)
・天然ジゴロのフラグメイカー
・声がまこ先輩

こんな超人です。こんな超人が比較対象に出てくるハギヨシさんもすごい。 
続きを読む

背景のキャラ数が増えました
咲‐Saki‐背景
これが旧・背景70人いるはず。
 咲‐Saki‐背景
新・背景90人くらい。モブキャラ・サブキャラが結構増えました。
他にもマイナーチェンジしてます。
間違い探ししてみてもおもしろいかも?
全員フルネームで覚えてる人には、もれなく

「超・咲-Saki-廃人」の称号を授与します。すばらっ!

ではでは~



こんにちはふくじみほこといいます。
かぜこしじょしこうこうのまーじゃんぶできゃぷてんをしています。

わたしはいまわけあってあらかわびょういんというところのべっどのうえです。
べつにからだがどこかわるいわけではないのですがこじんせんまでは
ここにいないといけないらしいです。

なのでうえのさんとわたしのこんごのことでもかんがえます。

うえのさんというのはわたしのこいびとできよずみこうこうというところの
まーじゃんぶでぶちょうをしているとてもうつくしくてかっこいいかたです。

うえのさんはわたしのめをほめることでわたしにあいのこくはくをしてくれました。
そのごもいっしょになつまつりにいったりしてしょうらいをちかったなかです。

ですがちーむあいぴーえすのみんなにきいたじょうほうによると
うえのさんはぜんこくたいかいでうわきしているというのです。

そんなはずはないとおもってちーむのみんなにじょうほうしゅうしゅうをたのんでみたら
うえのさんはちゅうけんせんでたたかったひとととてもなかよくしているらしいです。
そのほかにもわたしのいないところでつるががくえんのかじきさんというかたとも
なかよくしているらしいです。

りゅうもんぶちこうこうのみなさんはきよずみこうこうとやどでれんしゅうをしているようですが
わたしはこじんせんのじゅんびなどでいそがしくいっしょにいるじかんがあまりありません。

このままではうえのさんがちゅうけんせんでたたかったひとや
かじきさんなどにうえのさんをとられてしまうかもしれません。
それだけはそししないといけません。

なのでうえのさんをとりもどすためのさくせんをかんがえました。

1.まいにちおべんとうをつくる
まいにちおべんとうをつくってきよずみこうこうにさしいれましょう。
きっとうえのさんもよろこんでくれるはずです

2.やくそくをしてもらう
うえのさんにわたしがこじんせんでゆうしょうしたらけっこんするとやくそくしてもらいます。
これでひゃくにんりきです。

3.あどばいすをする
うえのさんたちがこれからたたかうこうこうをしらべて。
わかったことをあどばいすしましょう。
きけばかじきさんもこのほうほうでなかよくなったとききます。

こんなところでしょうか。
さっそくおべんとうのじゅんびをしなければ。
それではここまでおよみくださってありがとうございます。
うえのさんあいしています。

福路美穂子2
                                 ふくじみほこ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~続きを読む

最後のお題です。
咲-Saki-のキャラが将棋やチェスなどをやったら・・・・というものです。
まず前提として、将棋やチェス、囲碁漫画は、麻雀に比べて 作品数が少ないですよね?
あれはなぜか、ということについてです。
麻雀は、効率なんかを考えながら打たなければいけないため、非常に頭を使います。
その一方で、たくさんの役があり運の要素が強いゲームであることも事実です。
天和や2巡目、3巡目リーチなどは運が良かったといっていいでしょう。
しかし、将棋やチェスは、同じ条件で対戦をするので全くと言っていいほど運は絡んできません。
また役もないので、嶺上開花や海底撈月といった見た目に派手で分かりやすい必殺技や、能力を 
考えづらく、見た目も地味になりがちです。
チェスのキャスリングターンなど、特殊手と呼ばれる駒の進め方はありますが、勝敗に直接関わらせづらく、
それで勝利したとしても説得力に欠けるので、やはり麻雀の「得意な役」のように派手さに欠けます。
このため、将棋漫画などは、心理描写が相当細かかったり、戦っている様子に派手さを持たせなければ、まず売れないので 、書くのが難しいと言われています。 
ここまでで、なにが言いたいかというと咲-Saki-キャラの能力は、他のゲームではまず通用しません。

それでは、 将棋・チェスなどで、強そうなキャラを考察してみます。
加治木ゆみ
img_540860_7236417_0
状況判断、適応能力が必要な将棋などでは、
咲-Saki-キャラ一強いのではないでしょうか?
咲さんの嶺上開花を見て、すぐに槍槓をしにいった状況適応能力は、このようなゲーム
でも最も使えるスキルだと思います。 
咲さんへの差し込みなども状況判断力があればこそのものかと・・・

福路美穂子
福路美穂子2
状況判断力が他キャラをぶち抜いてますよね。
やはり、差し込みができる人は、状況判断や先を読むという点で強いと思います


続きを読む

このページのトップヘ