こんにちは、前回予告した通り今回は久々の書け麻お題トリプルでした。
(前回記事はコチラ
要は、本来は3つの中から一つお題を選ぶところを全部やっちゃうって感じです。

それでは、お題提供ブロガーさんのブログ感想からどうぞ
提供お題「連続和了」 迷子の坊やのみちくさ日記 様   
今回の書け麻戦にて、5連荘をなしとげた
みちくさぼーやさんのブログ(書け麻戦の模様は
お題もそれにあやかり「連続和了」でいただきました。
感想本文
最新記事は永水のオーダー検討。
打ち方の特徴などから、考察&感想と言った感じでやられています。
わかりやすく、なおかつ楽しく。
そんなこの方の記事には、いつも感動を覚えます。
そんくらい高い完成度。
私のブログとは、某ザ〇と、シャ〇専用くらいのスペック差 
「錬度が違うのだよ、錬度が!!」

ちなみにこの方が組んだ永水オーダー。
次鋒→姫様
ですが、アカン・・・キンクリワカメ(全国のワカメ農家及びワカメ愛好会の方スミマセン)
が召喚されてしまう・・・姫様をキンクリしてはいけない。
なお活躍的にはキンクリ同然だった模様。
 
*以下、支離滅裂(というか文脈とかおかしい)*
             注意

それでは記事本文へどうぞ 
それでは本題。
咲-Saki-全国編でのラスボス(予定)
みんなのアイドル(推定)宮永照さん
5f05b566eb616cbba10f81812c39c291
ですが、宮永照といえば福与アナも言っていた通り、
「連続和了」がその代名詞のひとつですね。ですよね? 
では、なぜ「連続和了」と言う能力?打ち方を彼女の特徴として持ってきたのか、
結論から言ってしまうと、
彼女に対し畏怖の念を抱かせ、
強者のイメージをつける

ことが、目的であろうことが推測されます。

人は、
連続したり数が多い物事や音に畏怖の念を抱く傾向
があるらしいです。
分かりやすく例を挙げると
連続代表
031f4332
17b59042a4ea127387d62ea32eb3c457

この方達。まずはセリフの繰り返し
「オラオラオラオラ・・・・・・・」
「無駄無駄無駄無駄・・・・・・・」
これだけで、威圧感やインパクトが与えられ、
さらに
「ドドドドドドド・・・・・」
この連続音で迫りくる感じを表現しています。

咲-Saki-だと

tumblr_m5f4bc8bkv1qanuvko1_500
このクロチャーや
5e156c27
このテルーなど、
普通の動作線より細かく多い線、
阿知賀編では良く使われる表現技法ですが、
これによって、クロチャーが本当に怖がっていることが伝わってきやすくなったり、
テルーのコークスクリューの威力が伝わってくるようです。

そして、
「カン!もいっこカン!もいっこカン!ツモ!」
宮永咲03

一回カンして、リンシャンだけだと、「カン!ツモ!」ですね、

一回verは威圧感や
凄いという感動が小さく思います。



他にも例えばバトル漫画では、剣士キャラが一太刀のうちに、

複数の剣戟を・・・っていうおきまりの技がありますが、
これは、味方であれば安心感を抱き、敵であれば「あ、コイツ強いな」と、
無意識に思っているはずです。
つまりは手数の多さや、連続攻撃は、インパクトが大きく、
時や状況によっては畏怖の念を与えやすく、
それは「強者の証」と言えるのです。
このブログの背景なんかもインパクトは大きいと思います。
あとは、ベターですが、
「ゴゴゴゴゴゴゴ・・・・・」という擬音なんかは、「強者」「魔王」の代名詞ですね。

なんか支離滅裂な文章になってますが、
これで、連続音が与える、インパクトや、印象などはお分かり頂けたと思います。
そして、肝心の照の「連続和了」ですが、

台詞
「ポン」「ロン」など、一定のキーワードのみを連続で発言。

効力
連続して和了。さらに手数の多さや威力の表現として、
打点が上がる、制限がつく。



この2点より、連続する物事、音、数
3拍子揃っています。
よって、
照の圧倒的な強さを裏付ける物となり、
インパクトや、圧迫感を抱かせる要素
となります。

実際に、「連続和了」は打点に関わらず、やられるだけで、
プレッシャーが高まりますよね。
つまりはそういうことです。
お菓子ネタなどで、かわいい一面が垣間見えた後も、
しっかりと強者として認識されているのは、この連続効果もあると考えてられます。
ただ
あくまで、ひとつの観点から見た結果なのでこの限りではないと思います。
他にも、作中で理由が明記されるかもしれないですし、
ギギギが何か次第で結構変わってきます。リッツ早く復活を!!

余談的な補足
多分上の考察を一番わかりやすく表すのはコレ
叫ぶとき
「うおーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!」

「うおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉおおおおおお!!」

2回目の方がなんか、強い感じがする。
文から予想されるアクセントの関係もありますが、
「うおーーーー↓↓
「うおぉぉぉぉぉ↑↑
こういうこと。



今回はここまでです。
なんか色々と崩壊気味ですが、少しでも参考になったりしていれば
嬉しい限りです。それでは!