「ロンッ!!」

「リーチ、ピンフ、タンヤオ、イーペーコー・・・裏が・・?」

「乗ったッ!!裏ドラ1で満貫!8000や!!」

「これで捲ったで!!今回も俺の勝ちやな!!」

江口セーラ・・・・性別は女性であるが、見た目、口調ともに男性的。
千里山女子3年の元エースで、点数を刻むよりも大きなアガリをすることを好む。
性格は・・・・「単純」。超がつくほどわかりやすい。
しかし、いわゆる「兄貴肌」・・・いや女性だから「姉御肌」?
ともかく、人柄が良いため、部の内外で人望が厚く人気が高い。

「ふきゅっ」

「(ヤバッ・・・また変な声漏れた・・・!!)」

「・・・・これで6連敗・・・・・」

「なんで勝てないのよ~~~~」 ヨーヨーヨー←残響

新子憧・・・・性別は女性。見た目は男性的・・ではなく高校麻雀界でも屈指の美少女である。
阿知賀女子1年で中堅。江口とは2回戦、準決勝、共に点の取り合いを繰り広げた。
性格、口調は、気を許した物には年上であっても敬語を使わないため、
一見、軽い印象を受けるが、その実、頭が良く沈着で冷静。「阿知賀随一のセンス」と評される
そして、割と純情なのである。下ネタ一つで顔を赤くするレベルに、しかし、本人は否定している。。
また、若干20代ながら阿知賀女子を決勝まで導き、その観察眼でありとあらゆる癖を見抜く
美人教師、赤土晴絵の意見では「ちゃっかりした所がある」とのこと


彼女達は先ほど話した通り、
夏のインターハイにおいて、点を稼ぎ合った紛れもないライバル同士である。
これは、両社認める所であるようで、インハイ後もこうして何度か勝負をしていた。
これは、ある日に起こった作り話のような現実とその顛末である。

「以上、前説は阿知賀女子副将、鷺森灼がお送りしました・・」


ーーーーー奈良のどこかーーーーーー

「なんで勝てないのよ~~~~~!!!」

「いや~それは実力やないか~?いまや半荘1、2回って程じゃないしな~」

「アンタいっつも追いつめられてるじゃない!!」

「さっきも裏ドラが乗らなければ私の勝ちだったのに!!」

「ハッハッハッ、負け惜しみにしか聞こえへんで~」

「運も実力のウチっていうやん~?」

「グギギギギギ・・・・・・・」ゴッ

「ちょお!!なんか軋んどる!!オーラ出とるから!!」

「それ、キャラちゃうって~!!!」

「うっさい!!とにかく!もう一回よ!!」

「え~せっかく奈良まで来てんのやし、奈良県物くらいさせてーや」

「じゃあ次でも私が負けるようなら、案内してあげる」

「なんなら、オプションでもつけてあげるわよ!!」

「お、強気に出たな~」

「そのかわりあたしが勝ったら、そっちも何かしてもらうわよ!!」

「ふむ・・・・ええやろ!!やったろーやないか!!」

   
      
         
            
                 




 









結果

憧「・・・・・また負け・・・・・」

セーラ「へへーん!俺の勝ちやな~」

セーラ「さーて・・・何をしてもらおか~」

セーラ「・・・・・せやな~目立つカッコで奈良案内、でどや?」

憧「目立つ格好?」

セーラ「まー目立てば自前でも何でもええで~」

セーラ「よーは自分が恥ずかしがってくれればえーねん」

憧「真顔で最低なこと言うわね・・・・」

憧「・・・・・・巫女服・・・・じゃダメ?」

セーラ「巫女服・・・・おぉ巫女服!!えーやん」

セーラ「自前であるんか?」

憧「あー、ちょっとイベントで着た事あったから・・・・・」

セーラ「そか、じゃー着替えてここにもっかい集合なー」

憧(よし!勝った!!何にかは分からないけど!)

憧(フフフ・・・残念ね江口セーラ!!巫女服なんて着なれてるのよ!!)

憧(私が巫女服着てるのなんて地元じゃそこそこ有名だし、これで安心ね!)

この間0.5秒。

憧「上等!望む所よ!」

                          
                
           
     
20分後
     
           
                
                           

憧「おまたせー・・・・っていないじゃない!!」

憧「どこ行ったのよ、アイツ・・・」

                           
                
           
     
さらに30分経過
      
           

                  
                           

憧「お・そ・いぃぃぃぃぃぃい!!!!!!」

憧「ホントどういう神経してるのよ!!」

憧「携帯も連絡付かないし!!!」

晴絵「あれ?憧?」

憧「晴絵じゃん!そっかー一応先生だもんねー」 しみじみ

晴絵「一応は余計な。てか、どうした?そのカッコ。」

晴絵「神社で祭りでもあった?」

憧「あー、実はかくかくしかじかでねー」

憧「と言う訳で、セーラ見てない?」

晴絵「え”、千里山の江口が来てたの?」

晴絵「う~ん練習入れとけばよかったかなー?」

晴絵「っと・・・・一応各方面に連絡しておいたから、見つかればそっちに連絡がいくよ」

憧「さっすが!仕事が早い!!」 プルルルル←携帯の音

憧「はい、もしもし、あ、玄?」

憧「江口セーラを見た?どこで?は?山?」

憧「ちょ、切らないでy」 ブツッ

晴絵「・・・・・・・あー大体予想付いたけど・・・・・どうした?」

憧「シズが山に誘ったらしい」

晴絵「あーwww」

憧「ちょっと二人を見に行ってみる」

晴絵「あーい、気を付けなよ~」

                                                     
                    
                
もちろん迷うのはお約束
*一人で森に行くのは絶対止めましょう。
               
               
                              
       
憧「ここどこなのよーーーーーーーッ!!!!」

憧「携帯の電波も届かないし・・・周りに誰もいない、さらにどこかもわからない・・・・」

憧「ないない尽くしにも程があるわ・・・・・」

憧「誰かぁーーーーーーー!!」

          だいたい1時間位経過             

憧「え・・・?もしやこれって遭難?(今更)」 グゥゥゥゥゥ←お腹の鳴る音

憧「気付いたらお腹すいてきたわ・・・・」

憧「ん?これって割とヤバめじゃない?」

遭難する

食べ物がない

助けが来ない

そして数日後

少女の死体が発見され・・・

憧「アハ・・・・アハハ・・・・・」

憧「どーしよ・・・・」

憧「ハハ・・・どうしてこんな時にアイツの顔が、浮かぶのかしら・・・・」

憧「・・・・・・まったく・・・・無駄に男っぽいんだから・・・・」

憧「こんなとき・・・くらい・・たすけに・・・きな・・・さい・・・・よ・・・・」 ガクッ

                         
                 
            

「・・・こ・・・・・憧!・・・」

憧(アレ・・・・?誰・・・?てかここどこ?)

憧「私・・・・遭難して・・・・?」

セーラ「そうなんやなー・・・って何言わすねん!!」

憧「・・・・・ん?」

セーラ「自分・・・いつまで何寝とるんやー?」

憧「!!!江口セーラ!」

セーラ「そーそー皆のヒーロ、江口セーラさんや~」

憧「ここどこよ!?」

セーラ「どこって・・・・約束の場所やで?」

憧「あれ・・・?私、森に行ったはずじゃ・・・・」

セーラ「いんやー?俺が来た時にはここで寝てたで?」

セーラ「夢でも見たんちゃう?」

憧「そ・・・・そう?ならいいんだけど・・・」

セーラ「自分が寝てたんで、もう夜やで?」

憧「あ~・・・・それは・・・ゴメン・・・・・・・」

セーラ「せやなー・・・なんや肩こったし、マッサージでもしてもらおかな?」

セーラ「てことで、俺らが借りてるホテルへゴーや」

憧「ホテルで・・・ま・・・マッサージ・・・・」

セーラ「んー?なんで言葉につまるんかなー?」 ニヤニヤ

憧「ッ・・!!なっ・・・なんでもないわよ!!」

セーラ「Hな事でもかんがえてたんとちゃうー?」 ニヤニヤ

憧「違うって!!」

セーラ「ほんまにかー?」 ニヤニヤ

憧「・・・・・・・・しつこいわよ・・・ホント」

憧「ホント・・・好きな子をいじめる男子じゃないんだから・・・・」

セーラ「・・・・・・・まぁ・・・あながち間違ってはない・・・てか的を得ているよーな・・・」

憧「ちょっ・・・どう言う意味よ!!」

セーラ「まぁ少なくとも自分の事、悪うは思ってへん、ってことや」

憧「そ・・・そう・・・」

セーラ「自分は俺の事どうおもっとるん?」

憧「変態な小学生高学年の男子」

セーラ「ヒドッ!!さすがにそこまで子供ちゃうで・・・」

憧「だって・・・」

憧「いっつも走り回って、バカみたいに単純で、すぐからかってくるし・・・」

憧「そのくせ麻雀ではいっつも、ヘンに運きかせて、私の事負かすし、」

憧「それを本人に自慢するとことかピッタリじゃない?」

セーラ「ちょっ・・・さすがに言い過ぎ「まぁでも」

憧「でも・・・たまに優しかったり、ヘンに気が利いてたり・・・」


憧「ちょっと頼もしかったり、カッコ良かったりは・・・する・・・かな・・・・///////」

憧「・・・・・・その・・・キライじゃ・・・・ない・・・わよ////////」 ←小声

セーラ「そーか、まぁ素直に嬉しいわww」

憧「ちょっ!!そこは『え?なんだって』とか難聴になる場面でしょ!!」

セーラ「いや~そんなん、知らへんし?」

憧「まったく・・・・前言撤回。」

憧「アンタなんて単純バカでじゅーぶんよ」

セーラ「ハハッ!!そうくるんかww」

セーラ「まぁなんでもええでーwwマッサージはしてもらうしな!!」

セーラ「マッサージと託けてあんなことやこんなことを・・・・」 グへへ

憧(駄目だ・・・コイツ・・・早くなんとかしないと・・・)

セーラ「じゃーホテルへレッツゴー!!!」

憧「誤解を招くようなこと大声で言わないの!!」

カンッ


解説というか補足

憧は遭難してます。セーラはそれを助けるんですが、憧のプライドの為に
なかったことにしてあげてるんですねー。
ただ憧はそのあたり気付いているっていう脳内設定。







という訳で、遅れました。
とかの次元じゃ済まないレベルに前に頂いた書け麻お題だったんですが、

・・・・いかがでした?
相変わらずの
急展開、そして、文章力&語彙力不足
さらに、どこにでもありそうなベッタベタな話でしたが・・・・・

いや、空白期間なにしてたらこんな駄文しかできないんだー!!ってことですが、
やっぱ怜ちゃんと寝てた訳です。いやー寝顔も可愛かったね。
怜ちゃんとはプラトニックな関係なので(意味深)はいらない。

体質上、これからも偶に(主に季節の変わり目なんか)
こういった更新の途絶えが出ると思いますが。
2週間くらい更新がなかった場合
「あ、怜と寝てんだな」という感じで処理してくださり結構ですので、
何卒、御了解を

PS.書け麻参加者の方へ

この次のお題だけでも精一杯なので、
今回だけはブログ紹介は勘弁してください・・・・
本当に申し訳ございません。
需要があれば、そのうちにまとめて書かせて頂きますので・・・・


というわけで、管理人、カタカタ日和がお送りしました。