すばらです!~咲‐saki‐応援ブログ~

咲‐saki‐応援ブログと題しまして、咲‐saki‐に関する色々な「すばらっ!」なことを紹介したりしていきますよ~

カテゴリ:自作のSS(駄文)

秋一郎「I have a dream」


雀師のカウンセラー


とある場所に、雀師ばかりが集まる居酒屋があるという。
そこでは、もちろん酒が提供される。しかし、真の魅力はその店の店主にある。

大沼秋一郎、御年72歳。現役時代は無類の守備率を誇ったスタープレイヤー、
現在も、シニアリーグでトップクラスの実力を見せる雀師である。

店の始まりは、以前彼が、とある雀師の人生相談を引き受けた時に遡る・・・

『もっと強くなりたい』

そんなありきたりな相談だったという。
そんな相談に大沼は、

『強くなりたい、そう思うのはてめぇが、自分は強いと思ってる証拠さぁ』

『強い奴ほど、自分が弱いと思いこんでるもんだ。
 言っとくが、俺からすりゃあ、てめぇなんざ、そこいらの雑魚と一緒さね』

そう答えたと言う。
その後、その雀師は数年間負けを繰り返した。
しかし、ある年、シーズンを無敗優勝でかざったという。
ヒーロインタビューで

『自分は弱いから、全力、それ以上の力で挑めた』

『それを教えてくれたのは、心の師、大沼さんです。
                    本当に感謝しています。』

そう答えて以来、大沼に人生相談のアポが相次いだ。
ひとりづつ対応するのが面倒くさくなったらしい。大沼は、居酒屋を開店、
そして、連日盛況を修め、大沼の負担も大きくなってきた、
待ち時間も増え、その暇に麻雀を打ち始めた頃・・・・・・
続きを読む

「ロンッ!!」

「リーチ、ピンフ、タンヤオ、イーペーコー・・・裏が・・?」

「乗ったッ!!裏ドラ1で満貫!8000や!!」

「これで捲ったで!!今回も俺の勝ちやな!!」

江口セーラ・・・・性別は女性であるが、見た目、口調ともに男性的。
千里山女子3年の元エースで、点数を刻むよりも大きなアガリをすることを好む。
性格は・・・・「単純」。超がつくほどわかりやすい。
しかし、いわゆる「兄貴肌」・・・いや女性だから「姉御肌」?
ともかく、人柄が良いため、部の内外で人望が厚く人気が高い。

「ふきゅっ」

「(ヤバッ・・・また変な声漏れた・・・!!)」

「・・・・これで6連敗・・・・・」

「なんで勝てないのよ~~~~」 ヨーヨーヨー←残響

新子憧・・・・性別は女性。見た目は男性的・・ではなく高校麻雀界でも屈指の美少女である。
阿知賀女子1年で中堅。江口とは2回戦、準決勝、共に点の取り合いを繰り広げた。
性格、口調は、気を許した物には年上であっても敬語を使わないため、
一見、軽い印象を受けるが、その実、頭が良く沈着で冷静。「阿知賀随一のセンス」と評される
そして、割と純情なのである。下ネタ一つで顔を赤くするレベルに、しかし、本人は否定している。。
また、若干20代ながら阿知賀女子を決勝まで導き、その観察眼でありとあらゆる癖を見抜く
美人教師、赤土晴絵の意見では「ちゃっかりした所がある」とのこと


彼女達は先ほど話した通り、
夏のインターハイにおいて、点を稼ぎ合った紛れもないライバル同士である。
これは、両社認める所であるようで、インハイ後もこうして何度か勝負をしていた。
これは、ある日に起こった作り話のような現実とその顛末である。

「以上、前説は阿知賀女子副将、鷺森灼がお送りしました・・」


ーーーーー奈良のどこかーーーーーー

「なんで勝てないのよ~~~~~!!!」

「いや~それは実力やないか~?いまや半荘1、2回って程じゃないしな~」

「アンタいっつも追いつめられてるじゃない!!」

「さっきも裏ドラが乗らなければ私の勝ちだったのに!!」

「ハッハッハッ、負け惜しみにしか聞こえへんで~」

「運も実力のウチっていうやん~?」

「グギギギギギ・・・・・・・」ゴッ

「ちょお!!なんか軋んどる!!オーラ出とるから!!」

「それ、キャラちゃうって~!!!」

「うっさい!!とにかく!もう一回よ!!」

「え~せっかく奈良まで来てんのやし、奈良県物くらいさせてーや」

「じゃあ次でも私が負けるようなら、案内してあげる」

「なんなら、オプションでもつけてあげるわよ!!」

「お、強気に出たな~」

「そのかわりあたしが勝ったら、そっちも何かしてもらうわよ!!」

「ふむ・・・・ええやろ!!やったろーやないか!!」

   
      
         
            
                 




 









続きを読む

恒例書け麻お題タイムです!!
今回のお題は
「三身一体」「フリテン」「星」ということで、
今回は「星」で行かせてもらいます。 
SS?仕立てとなっていますが、今回はBUMP OF CHICKENの
「セントエルモの火」という曲になぞらえてお送りいたします。
曲を知らなくても楽しめるようにしたつもりです。
(歌詞→話し言葉?)


BGMはオルゴール風で。
それでは、相変わらずの意味分からない文ですが、どうぞ。
続きを読む

この記事での藤田プロは、火力では衣に劣るが総合的には勝てる
くらいの強さで想定しています。(ライジングサンはネタとしても)
仮にも人気プロだからそのくらいの実力はあるよね?
先に言っておきますと
文才ない奴が小説書こうとしたもののなれの果て
です。過度な期待はせず気を抜いて見て頂ければ幸いです。
日本語が乱れてるというか言葉の選択は間違ってる物として見て下さい。
三國さんはもちろんあの三國さんが元で間違いないです。
ただ女にした事に伴って口調、性格などは全然三國さんじゃないです。
三國さん要素は打ち方くらいです。あしからず。




かつて、今から10年ほど前の話・・・・
自動卓の普及によりデジタル打ちが麻雀界隈では大流行していた、
そんな時代の中、一際異彩を放った少女達が居た・・・
イカサマと見紛うほどの強運を持つ者、ただ早さを追求したもの、
そんな少女達を【異能の子】と、誰かが呼んだ、
これはそんな【異能の子】の一人の遠い昔話である・・・・

____長野4校合同合宿にて       

ここに、一人の(一応)トッププロがいた。

南4局 4本場

「おや?これは懐かしいな・・・・」

「ツモ!!」

  ライジングサン
「国士無双13面!!雀荘ならダブル役満だが・・・16000オール」

藤田靖子、好物はカツ丼。
彼女もまた、かつて【異能の子】と呼ばれた一人である。
彼女の二つ名『捲りの女王』の通り
今日も大逆転を決めていた。
そんな彼女の和了を受けた少女達の反応は
実に多種多様で、

「ひっ!」

自分もしっかり二位につけ、嶺上開花を得意とするほどの強運を持つ
麻雀をやっている物にとっては十分に恐ろしい少女、宮永咲は気弱な声を上げる。

「ほぉ・・・衣の支配を受けた上でその和了か。腐っても上位プロか・・・」

普通の麻雀では出るはずのない単語を発した、見た目ロ〇幼女な高校生、天江衣は
自信ありげながらに驚きを漏らす。

「」

・・・・・・・・・
この地獄のような卓に迷い込んだモブ・・・・まぁこいつはいいや。
一言で言うと、「返事がないただの屍のようだ」である。
この時代において間違いなく最強クラスの3人を抱えたこの卓、
たった今その対局が終了したワケだが・・・

「うぅ~また負けちゃたよぉ~」

「牌はちゃんと見えてるのに・・・」

嶺上少女がふと漏らしてしまったこの呟きが、長い昔話を始めさせるきっかけとなってしまう。

続きを読む

今回は、時間などの都合上、短縮版となっております。
それぞらのタイプの説明が短く、問題数も少なめです。
img1


弘世菫の扱い方

菫(なぜ私が今回のタイトルでこのような事になっているか教えてやろう・・・)

こいつ・・・!直接脳内に・・・・!!

菫(それは10分ほど前のことだった・・・・)

なんか話し始めたよ・・・・・

                         
                   
            

某所

菫「淡・・・・おい!淡!」

淡「・・・・はひ?ふひれ?(何?スミレ?)」 モシャモシャ

菫「・・・・・・喋るのは、食べ終わってからでいい・・・・早く食べろ・・・・」

淡「ほーへー~(オーケー~)」 モグモグ

淡「で?どうしたの~?」

菫「いや・・・大したことじゃないんだ・・・ただな・・・・」

菫「なぜ私たちはこんな所にいて、なんでこんな事してるんだ・・・?」   ←保育園

淡「ん~なんでって言われてもね~・・・・・・」

淡「3行で言うとね~
  テルーが迷子で探していたら、
  迷子を発見して、助けたら、
  保育園から迷子になった子だった」

淡「そのお礼でしょ?」 ズズー

菫「あぁ・・・そうだったな・・・・」

菫「で、お礼でなんでコスプレをさせられているんだ・・・?」

菫「しかもっ・・・こんな魔法少女なぞ・・・・/////」

淡「それはタイミングが悪かったよね~」

淡「ちょうど仮装祭り?だったみたいじゃん。」

淡「園内全員仮装パーティーで空気を壊しちゃうのも悪いじゃん?」

菫(淡が空気を読む・・・・だと?)「そ・・・そうだな・・・」

園児「あ~まほうしょうじょだ~」

園児2「ほんとだ~ねぇねぇじゅもんだしてよ~」 キャイキャイ

菫「じゅ・・・呪文?」

淡「ごめんね~お姉ちゃんは、呪文らしい呪文は使えないんだ~」

淡「こっちのお姉ちゃんなら、なにか使えると思うよ~」 ビシッ

園児「ほんとう?やってやって~」 無邪気スマイル

菫「ぐっ・・・・」(さて・・・園児の期待を裏切る訳にも行くまい・・・・)

菫(魔法・・・呪文・・・・弓・・・・加治木ゆみ・・・小〇ゆう・・・・ハッ!)

菫(魔法の射手!)

菫(ここに矢を仕込んで・・・・と・・・)

菫「いくぞ?」

菫「魔法の射手!光の一矢!」 バシュン!

的「ドスッ」

園児「すげー!ホントにでた~!!」

菫(出ないと思ってたならいうなよ・・・・)

淡「お~すごい!!さっすがスミレ!」 

菫「お前が押し付けたんだろう!?」

菫「まったく・・・・」 


このように、責任感が強いので、めんどくさい事は上手く押し付けましょう。
子供のように、責任を問えない人に催促させると、より良いです。


  
続きを読む

このページのトップヘ