この記事での藤田プロは、火力では衣に劣るが総合的には勝てる
くらいの強さで想定しています。(ライジングサンはネタとしても)
仮にも人気プロだからそのくらいの実力はあるよね?
先に言っておきますと
文才ない奴が小説書こうとしたもののなれの果て
です。過度な期待はせず気を抜いて見て頂ければ幸いです。
日本語が乱れてるというか言葉の選択は間違ってる物として見て下さい。
三國さんはもちろんあの三國さんが元で間違いないです。
ただ女にした事に伴って口調、性格などは全然三國さんじゃないです。
三國さん要素は打ち方くらいです。あしからず。




かつて、今から10年ほど前の話・・・・
自動卓の普及によりデジタル打ちが麻雀界隈では大流行していた、
そんな時代の中、一際異彩を放った少女達が居た・・・
イカサマと見紛うほどの強運を持つ者、ただ早さを追求したもの、
そんな少女達を【異能の子】と、誰かが呼んだ、
これはそんな【異能の子】の一人の遠い昔話である・・・・

____長野4校合同合宿にて       

ここに、一人の(一応)トッププロがいた。

南4局 4本場

「おや?これは懐かしいな・・・・」

「ツモ!!」

  ライジングサン
「国士無双13面!!雀荘ならダブル役満だが・・・16000オール」

藤田靖子、好物はカツ丼。
彼女もまた、かつて【異能の子】と呼ばれた一人である。
彼女の二つ名『捲りの女王』の通り
今日も大逆転を決めていた。
そんな彼女の和了を受けた少女達の反応は
実に多種多様で、

「ひっ!」

自分もしっかり二位につけ、嶺上開花を得意とするほどの強運を持つ
麻雀をやっている物にとっては十分に恐ろしい少女、宮永咲は気弱な声を上げる。

「ほぉ・・・衣の支配を受けた上でその和了か。腐っても上位プロか・・・」

普通の麻雀では出るはずのない単語を発した、見た目ロ〇幼女な高校生、天江衣は
自信ありげながらに驚きを漏らす。

「」

・・・・・・・・・
この地獄のような卓に迷い込んだモブ・・・・まぁこいつはいいや。
一言で言うと、「返事がないただの屍のようだ」である。
この時代において間違いなく最強クラスの3人を抱えたこの卓、
たった今その対局が終了したワケだが・・・

「うぅ~また負けちゃたよぉ~」

「牌はちゃんと見えてるのに・・・」

嶺上少女がふと漏らしてしまったこの呟きが、長い昔話を始めさせるきっかけとなってしまう。

続きを読む