すばらです!~咲‐saki‐応援ブログ~

咲‐saki‐応援ブログと題しまして、咲‐saki‐に関する色々な「すばらっ!」なことを紹介したりしていきますよ~

タグ:書け麻

本日、7月7日は七夕ですね。
某ハギヨシと声が一緒なスリーポイントがすごい人や、
某あわあわと声が一緒な猟奇的な彼女(後にデレます)とかの誕生日でもあります。
短冊の願い事は、咲-Saki-の事を書きたかったですが、

「無病息災と安定した更新ができますように」 

としておきました。 
そして、そんな日に私は、特別上手くもない(むしろ下手)
絵を書いてました。 


え?なぜかって?
それは、

最近書け麻でSSしか書いてなく、
もっと違うことしないといけないという謎の使命感に苛まれた 

からです。題目は以前の書け麻お題、「日本人なのに金髪」
本当は金髪キャラ大集合の絵を描きたかったのですが、時間の問題でNG。

ということで、書け麻:特別編!
今回は描け麻でお送りします。
しかし、描け麻にした場合ヘタすぎると、無効になったりするのでしょうか?
(その場合、謹んで記事書きに移ります)

題名は「逆に考えるんだ!」かな?
413596921874
皆様「ふざけてんじゃねェよ(怒)」
   「お前は俺を怒らせた」ドドドドドドドドド

・・・・・・・・・・・
いろいろやっちゃったZE★
外人さんじゃなくて、ただの変人集団ですね。
そして、もはや面影がない、右のは衣です。

解説

中央:あわあわ
右:衣
ギアス:京太郎

となっております。これ、いつものSSより時間かかってるんですよ。
いや、どんだけ画力ねーんだよ!という話ですね。

色塗りが雑とか、根本的にヘタすぎだとか、
俺の嫁(京ちゃん含め)をバカにするなだとか
積もる怒りはどうか抑えて下さい・・・・
これでも真面目に描いたんです。トレスじゃないぶん、許して下さい。

なお、こんな絵でも「ええんやで」と、皆さまが許してくれれば、
ブログのカテゴリが一つ増えます。

                      
             
キングクリムゾン!!
5336ad33

            
                    



皆様の怒りが収まったと思われる頃愛で、今回はここまで。
コメント欄に今年の、七夕の願いことなど呟いて下さると、
私が一人で喜びます。それでは、ありがとうございました。
そして、申し訳ございませんでした。



 

「ロンッ!!」

「リーチ、ピンフ、タンヤオ、イーペーコー・・・裏が・・?」

「乗ったッ!!裏ドラ1で満貫!8000や!!」

「これで捲ったで!!今回も俺の勝ちやな!!」

江口セーラ・・・・性別は女性であるが、見た目、口調ともに男性的。
千里山女子3年の元エースで、点数を刻むよりも大きなアガリをすることを好む。
性格は・・・・「単純」。超がつくほどわかりやすい。
しかし、いわゆる「兄貴肌」・・・いや女性だから「姉御肌」?
ともかく、人柄が良いため、部の内外で人望が厚く人気が高い。

「ふきゅっ」

「(ヤバッ・・・また変な声漏れた・・・!!)」

「・・・・これで6連敗・・・・・」

「なんで勝てないのよ~~~~」 ヨーヨーヨー←残響

新子憧・・・・性別は女性。見た目は男性的・・ではなく高校麻雀界でも屈指の美少女である。
阿知賀女子1年で中堅。江口とは2回戦、準決勝、共に点の取り合いを繰り広げた。
性格、口調は、気を許した物には年上であっても敬語を使わないため、
一見、軽い印象を受けるが、その実、頭が良く沈着で冷静。「阿知賀随一のセンス」と評される
そして、割と純情なのである。下ネタ一つで顔を赤くするレベルに、しかし、本人は否定している。。
また、若干20代ながら阿知賀女子を決勝まで導き、その観察眼でありとあらゆる癖を見抜く
美人教師、赤土晴絵の意見では「ちゃっかりした所がある」とのこと


彼女達は先ほど話した通り、
夏のインターハイにおいて、点を稼ぎ合った紛れもないライバル同士である。
これは、両社認める所であるようで、インハイ後もこうして何度か勝負をしていた。
これは、ある日に起こった作り話のような現実とその顛末である。

「以上、前説は阿知賀女子副将、鷺森灼がお送りしました・・」


ーーーーー奈良のどこかーーーーーー

「なんで勝てないのよ~~~~~!!!」

「いや~それは実力やないか~?いまや半荘1、2回って程じゃないしな~」

「アンタいっつも追いつめられてるじゃない!!」

「さっきも裏ドラが乗らなければ私の勝ちだったのに!!」

「ハッハッハッ、負け惜しみにしか聞こえへんで~」

「運も実力のウチっていうやん~?」

「グギギギギギ・・・・・・・」ゴッ

「ちょお!!なんか軋んどる!!オーラ出とるから!!」

「それ、キャラちゃうって~!!!」

「うっさい!!とにかく!もう一回よ!!」

「え~せっかく奈良まで来てんのやし、奈良県物くらいさせてーや」

「じゃあ次でも私が負けるようなら、案内してあげる」

「なんなら、オプションでもつけてあげるわよ!!」

「お、強気に出たな~」

「そのかわりあたしが勝ったら、そっちも何かしてもらうわよ!!」

「ふむ・・・・ええやろ!!やったろーやないか!!」

   
      
         
            
                 




 









続きを読む

まずはコメ返しから!

>普通に強い人ばっかですね・・・ 

皆さんマジで強い人ばかりなので、対応に困りますね・・・
>見知った人なんだしレジェンド張りの対策すればいける! 
なおデジタル打ちには対策もクソもない模様 

なお、嶺上開花を2回出したり地和を和了したりする魔物揃いの模様
地和の対策とかどーすれば・・・・
私自身が牌になる覚悟でなければ、敗北は必至・・・・

>水稲が便利とか、この淡は農家かなんかか? 
と思ったけど、水筒のことみたいやね。 
誤字のご指摘ありがとうございます!!
農家あわあわ……新しい可能性を感じる。
(言えない・・・・実は淡と照の入れ替わり式で、照のパートだったなんて・・・
                      これ以上文才のなさを見せつける訳には・・・・・)
農家あわあわ!なんかいいですね!!誰か書いてくれないかな~(チラッ


皆さまコメントすばらです!
これからもコメントを残す価値のある記事を目指して精進いたします!!


と、いうことで、前回の書け麻のお題を下さった皆さまのご紹介です

提供お題「三身合体」 妄言郷 様
これが、三位一体であったらとっておきのスマブラネタが飛び出しました。
このお題で一応書いてはいたのですが、
メガテンかペルソナかわからなかったので、途中まで書くも没となりました。
さて、記事の方は「竜華の膝枕を幻視する怜」ですね。
咲-Saki-キャラをMTG(マジック・ザ・ギャザリング)のカードにするシリーズです。
カードの方も恐ろしく優秀なのですが・・・・
想定される怜がMTGをやったらが怖すぎて・・・・
これは、照さんや国家首脳レベルを連れてこないと勝てないですね。(運的な意味で)


提供お題「星」 るびーとさふぁいあ 様
検索キーワードについての記事です。
グーグル検索部キャプで1ページ目はすごい。さすがの支持率です。
そして、美穂子さんがトップテン入りを逃すという大番狂わせです。
これによって怒りの地和が・・・・
最後の方では久さんはたらしじゃないとのことですが、
私のイメージですと久さんは
豊臣秀吉や、坂本竜馬などと同族の人間的な魅力をもった
女たらしというよりは、人たらし(褒め言葉)な感じです。絶対大成するタイプ。

余談というかなんというかですが、
コメントもさせていただきましたが、私のブログでは・・・
2e6a5c12b75b0aebf440a3645dfc90ed
大正義京太郎状態。これ、このブログを始めたときからずっと2位なんですよ。

3,4位はまぁわかります。しかしそこからが問題。


5位荒川憩→憩ちゃんの記事を最後に書いたのは一カ月ほど前です

6位すばら→すばら大先生の記事を書いたのはずいぶん前です。
        たぶんこれ日ごろからすばらすばら言ってるからかもしれないです。

7位三尋木咏→お察しの通り、誕生日以来書いてません・・・・


るびーとさふぁいあ様の所は、ホントにキーワードって感じでしたが、
このブログはキャラブログ要素が強いのか属性やカップリングよりも
キャラ名で直リンが多いみたいです。
ちなみにこのブログへの一番の近道はアンテナ様経由か、
グーグル先生ですばらですと検索するとわりとすぐ出てきます。


提供お題「フリテン」 ああ、あの牌? 様

ラノベタイトル風な表現で咲-Saki-キャラを説明されています。
相変わらず発想が既に天才的なブログ様です。
それも人気タイトル縛りという哩さんばりの縛りをかけています。
そしてどれも秀逸です。クロチャーとか凄い。
個人的には末原ちゃんのと、灼のが凄い読みたいと思いました。
どんなものだったかは、ご自分の目で!!
そして、最後にしっかりとネタを挿入。ぬかりないですね。

ということで私も考えてみた

竹井久「学生議会の一存」

松実玄「どらドラ!」

須賀京太郎「出番がなかった俺はしぶしぶ(タコス屋に)就職を決意しました」

などなど。これをみれば、ああ、あの牌様の記事がいかに秀逸かが一目瞭然です!
オマケ
img1
ベタなあれ。




皆さまの記事がすばらすぎて・・・・
よし、頑張ろう・・・・
それでは、今回はこの辺で











 

恒例書け麻お題タイムです!!
今回のお題は
「三身一体」「フリテン」「星」ということで、
今回は「星」で行かせてもらいます。 
SS?仕立てとなっていますが、今回はBUMP OF CHICKENの
「セントエルモの火」という曲になぞらえてお送りいたします。
曲を知らなくても楽しめるようにしたつもりです。
(歌詞→話し言葉?)


BGMはオルゴール風で。
それでは、相変わらずの意味分からない文ですが、どうぞ。
続きを読む

この記事での藤田プロは、火力では衣に劣るが総合的には勝てる
くらいの強さで想定しています。(ライジングサンはネタとしても)
仮にも人気プロだからそのくらいの実力はあるよね?
先に言っておきますと
文才ない奴が小説書こうとしたもののなれの果て
です。過度な期待はせず気を抜いて見て頂ければ幸いです。
日本語が乱れてるというか言葉の選択は間違ってる物として見て下さい。
三國さんはもちろんあの三國さんが元で間違いないです。
ただ女にした事に伴って口調、性格などは全然三國さんじゃないです。
三國さん要素は打ち方くらいです。あしからず。




かつて、今から10年ほど前の話・・・・
自動卓の普及によりデジタル打ちが麻雀界隈では大流行していた、
そんな時代の中、一際異彩を放った少女達が居た・・・
イカサマと見紛うほどの強運を持つ者、ただ早さを追求したもの、
そんな少女達を【異能の子】と、誰かが呼んだ、
これはそんな【異能の子】の一人の遠い昔話である・・・・

____長野4校合同合宿にて       

ここに、一人の(一応)トッププロがいた。

南4局 4本場

「おや?これは懐かしいな・・・・」

「ツモ!!」

  ライジングサン
「国士無双13面!!雀荘ならダブル役満だが・・・16000オール」

藤田靖子、好物はカツ丼。
彼女もまた、かつて【異能の子】と呼ばれた一人である。
彼女の二つ名『捲りの女王』の通り
今日も大逆転を決めていた。
そんな彼女の和了を受けた少女達の反応は
実に多種多様で、

「ひっ!」

自分もしっかり二位につけ、嶺上開花を得意とするほどの強運を持つ
麻雀をやっている物にとっては十分に恐ろしい少女、宮永咲は気弱な声を上げる。

「ほぉ・・・衣の支配を受けた上でその和了か。腐っても上位プロか・・・」

普通の麻雀では出るはずのない単語を発した、見た目ロ〇幼女な高校生、天江衣は
自信ありげながらに驚きを漏らす。

「」

・・・・・・・・・
この地獄のような卓に迷い込んだモブ・・・・まぁこいつはいいや。
一言で言うと、「返事がないただの屍のようだ」である。
この時代において間違いなく最強クラスの3人を抱えたこの卓、
たった今その対局が終了したワケだが・・・

「うぅ~また負けちゃたよぉ~」

「牌はちゃんと見えてるのに・・・」

嶺上少女がふと漏らしてしまったこの呟きが、長い昔話を始めさせるきっかけとなってしまう。

続きを読む

このページのトップヘ